負担のバランスに注意して

ハートを持つカップル

長続きさせるには

遠距離恋愛を長続きさせるにはコツがあります。遠距離恋愛は会うためのコストが大きいというデメリットがあり、そのデメリットが会うことのメリットを上回ってしまうとうまくいかなくなるおそれが高くなります。特に男性はその点について女性よりもシビアな目を持っているので、負担が大きくなり過ぎると遠距離恋愛を続ける意味がないと感じてしまいがちです。女性は負担が大きくなっても我慢しがちな傾向にあるのですが、過度に負担がかかってしまうとやはり長続きさせるのが難しくなります。長続きさせるためには、負担を公平にしておくのがコツです。遠距離恋愛の負担は、金銭的な負担、時間的な負担に大別されます。できればどちらも同じくらいになるように、お互いに行き来できるのが理想です。ですが、片方が学生だったり、片方がとても忙しかったりすると常に同じ割合にしておくのは難しくなります。そこでおすすめなのが金銭的な負担をイコールにし、時間的な負担はより時間がある方が負担するというものです。金銭的な負担をイコールにするには、会うための費用を一つの口座に貯めておいたり、どちらに行くにしても費用を交代で持つという仕組みにしたりといった工夫が考えられます。こうすることでアンバランス感が少なくなり、お互いに無理をしている感覚が少なくなります。また、会えないときはテレビ電話などを使って、視覚的な距離感を埋めるのもコツです。メールや電話だけでは会えていない感覚が強くなりがちなので、視覚に訴えることで会えていない感覚を埋めるのが寂しさを埋めるコツになります。

Copyright© 2017 【出会いのチャンスを増やそう】結婚相談所を利用するメリットを解説 All Rights Reserved.